過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは?

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、Irritable Bowel Syndrome、通称でIBS)とは?

過敏性腸症候群は精神的なストレス、または生活の乱れによって引き起こされる腹部に対する痛み、下痢などの症状がでる病気。主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気です。
また、検査を行っても炎症、潰瘍など目に見える形での原因がないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。

*昔は大腸の機能の異常とされ『過敏性大腸症候群』と呼ばれていましたが、最近では大腸だけではなく、小腸も関係することがわかってきており、名称が『過敏性腸症候群』と呼ばれるようになりました。

現代では精神的ストレスなどと会社生活などでの生活の乱れにより、こういった症状になるかたが多いとさています。

症状の分類
症状は便通の異常が主になります。
症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分類されます。
またこれらが複合して起こる事も多いです。

不安定型
腹痛、腹部の違和感、下痢、便秘が複数日間隔で交互に現れる。

慢性下痢型
ストレスや不安を感じるとすぐに下痢を引き起こす。
神経性下痢。

分泌型
強い腹痛の後、大量の粘液を排泄する。

ガス型
過剰なストレスによって、腹部にガスがたまる。

【原因】
■ストレスによる原因
自律神経失調症の恐れがあるため、まず精神的に不安定な状態を解消、ストレスの原因となっているものをはっきりさせ、原因を取り除く必要がある。
消化器科の医療機関での薬物治療、精神科医療機関での心理療法などの治療が望ましいとされています。

■生活の乱れによる原因
不規則な生活、喫煙、アルコール多量摂取などによるものが原因となる場合もあります。
これらの原因を改善する為に食生活の改善および生活習慣の改善を行います。
また改善した生活習慣を維持できるよう、自分自身によって自らの生活を管理することが肝要となる。


About author

Related Articles