断眠療法とは

断眠療法とは?
不眠をうったえる「うつ病患者」さんに、どうせ眠れないのであれば、「翌日までずっと起きていてもらう」という、徹夜のような断眠療法というものがあります。

夜間眠らないことで、うつ症状が急速に改善するという治療法です。

薬物治療への効果が乏しく、うつ状態が長く続いているような場合に施行されますが、うつの患者さんすべてに適した治療法として当てはまる訳でありません。一部の患者さんのみに有効な療法です。

また、効果が一時的なことから、現在ではあまりおこなわれておりません。

*ただし、この事からもわかるように、「睡眠」と「鬱病」はとても深い関係にあると云えます。


Tagged with:

About author