三環系抗うつ薬とは

三環系抗うつ薬(さんかんけいこううつやく)は、古くからうつ病の薬として使われている「抗うつ薬」の種類の一つです。

三環系という名前は化学構造的特徴からきています。
構造中にベンゼン環を両端に含む、環状構造が3つあるためです。

うつ症状の人は、ノルアドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質が通常状態より不足することがわかっており、三環系抗うつ薬はこれらの神経伝達物質に関与する、神経細胞受容体に作用しノルアドレナリン、セロトニンを増やす働きをします。
基本的に、効果が現れるののは服用してから1~2週間となります。

———————————————————————–
塩酸アミトリプチリン (トリプタノール、ラントロン)
塩酸イミプラミン (イミドール、トフラニール)
塩酸クロミプラミン (アナフラニール)
マレイン酸トリミプラミン (スルモンチール)
塩酸ノルトリプチリン(ノリトレン)
———————————————————————–

副作用
これらの三環系抗うつ薬タイプは同じ神経伝達物質のアセチルコリンの働きを抑制してしまうことから、のどの渇き、便秘、排尿困難などの副作用がるといわれています。
また起立性低血圧、眠気などもでることがあるようです。
さらに高齢者の方では記憶障害、見当識障害(けんとうしきしょうがい、時間や場所の経過認識ができなるなる)などがでることもあるようです。


Tagged with:

About author