高照度光刺激療法によるうつ病治療

高照度光刺激療法
人工的に強い光を毎日1、2時間あてるという治療法です。

鬱の感情症、睡眠障害などに効果があるとされています。
また、ある特定の季節になるとうつ症状が発症する季節性うつ病などにも有効な治療法とさています。
高照度光には、人間の生体リズムを リセットさせる働きがあり、これが季節性うつ病、睡眠障害などの病気に作用すると考えられるのです。

効果が出やすい人、全くでない人などの差があり、うつ病の治療としては一時よりはあまりおこなわれなくっなってきました。


About author

Related Articles