微笑みうつ病

微笑みうつ病(ほほえみうつ病)というものがあります。

うつ病なのに、顔がいつもニコニコしているのです。

これは軽度のうつ病で、気分がすぐれないなどの状態にありながら、自分の周囲の人にその状況を知られるのが嫌で、無理して笑顔を作るうつ病の人の事をいいます。
本人はとてもつらいのですが、必死に努力して微笑んでいるのです。

例えば、自分が、うつ病であることが、勤めている会社にわかってしまうと、「リストラされるかもしれない」、とか、「変な目で見られるかもしれない」とか、不安を抱えてしまいます。

その為、うつ病の症状が出てきて、自分自身で「自分はうつ病ではないだろうか」という事を意識できるようになってくると、無理をして作り笑いをし、周囲の人間を安心させよう、自分が元気であることをアピールしようとするようになるのです。これが微笑みうつ病なのです。

もともと、周囲の環境を気にするタイプの人がうつ病になりやすい為、こういった事がおこるのです。

ところが、偽って笑っている事を続けている事は、さらなるストレスを生み、さらに深いうつ病になってしまうケースもありますので、とても注意が必要なのです。

微笑みうつ病の人の症状の特徴は、
人前や会社では気力を振り絞り、笑顔を浮かべ元気をアピールしていますが、家に帰ると、とたんに気力もなくなり、普通のうつ病の症状になります。
こういった、人前と家庭でのギャップが見られる場合は、通常のうつ病の症状が家庭内で出ていないかなどを見て、医師のカウンセリングなどを利用する事を検討したほうが良いかもしれません。


Tagged with:

About author