うつ病は他の病気や、その治療薬によっても発病する

うつ病は他の病気や、その治療薬によっても発病する事があります。
様々な病気からくるうつ病は、いづれも心身に大きなストレスを与えるため、うつ病を併発してしまうのです。また他の病気の治療薬として飲んでいた薬の副作用で、うつ病を招く事もりあます。こちらは治療薬が脳の神経伝達物質に何らかの影響を与えている為と考えられています。

身体的な病気がうつ病に関係
例えばガンになった時、ガンになった患者は自身の死を考えたり、闘病のつらさなどから、強いストレスを受ける事になります。
こういった精神的にかかるストレスがうつ病を招いてしまうのです。
こういったような事は、その他の病気、例えばインフルエンザなどの感染症や、結核など様々な身体的病気からうつ病を招いてしまう例が報告されています。
また、糖尿病、全身エリテマトーデスなど、いくつかの病気では、明らかに合併症のような形で、うつ病を引き起こしやすいのではといわれています。

うつ病を招きやすいと言われている病気一覧
•ガン
•インフルエンザ
•パーキンソン病
•肝炎
•アルツハイマー病
•脳卒中
•糖尿病
•全身性エリテマトーデス
•慢性肝不全
•結核
•悪性貧血
•消化性潰瘍
•慢性炊煙
•過敏性腸症候群
•アジソン病
•慢性間接リウマチ
•甲状腺機能障害
•メニエール病
•アジソン病
•本態性高血圧

治療薬からなるうつ病
身体的な病気の治療薬が、うつ病の原因となる事があります。
別の記事でうつ病のメカニズムは、脳内にある、無数の神経細胞同士の情報伝達を行っている物質、セロトニン(人間の感情調整に関わっている)がうつ病の人は十分に働いていない、事が直接的、物理的なうつ病の原因だという事を書きました。

治療薬が原因で、うつ病になるパターンの場合、この脳の神経伝達物質に何らかの影響を与えていると考えられています。

うつ病を起こすのではと現在と言われる薬はこちらです

•副腎皮質ホルモン剤(ステロイドのこと)
•レセルピン系降圧剤
(降圧剤とは心臓からの血液量を減らす、もしくは血管を広げ、高い血圧を下げる薬)
•抗精神病薬
•経口避妊薬
•一部の鎮痛剤
•インターフェロン
抗生剤

こういった薬を常用している方は副作用をお医者さんに必ず確認した方がよいでしょう。


Tagged with:

About author