うつ病は脳が風邪をひいた状態

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)「心が風邪をひいた状態」だと言われる事がよくありますね。
鬱病は、抑うつ気分や、不安、焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠、手のしびれ、腹痛、どうきなどを特徴とする精神疾患なのです。昔は「怠け病」なんていわれていたようですがそんな事はありません。

また、うつ病はストレスなどが原因になり、引き起こされる事が多いため、「心のもちよう」でなんとでもなる!なんて思っている人もいるかもしれませんが、コレは間違いです。
医学的にも脳のトラブルが原因とされており、自分の心の持ち方次第ですべてがどうにかなる、というものでもありません。

うつ病を発生する物理的な直接的原因は脳の変化にあるのです。脳を形成するのは無数の神経細胞で、この神経細胞同士が連絡を取り合い脳を形成しています。
この神経細胞同士の情報伝達を行っている物質にセロトニンというものがあり、このセロトニンが人間の感情調整に関わっているとされています。実はうつ病はこのセロトニンという神経伝達物質が十分に働いていないとおこるものなのです。

うつびょう 鬱病 うつ病

つまり物理的な問題が直接の原因ですので、自分の心の持ち方で治る、というようなものではないのです。鬱病は脳の不調ですから、これを治す薬、治療がありますので、悪化する前に適切な治療を受ける事が大切です。

「心が風邪をひいた状態」つまり風邪と表現されているように、いいかえれば適切な治療により治る病気です。ですからうつ病のような兆候があればできるだけ早くお医者さんに見てもらう事が重要です。


About author