社交不安障害(しゃこうふあんしょうがい)とは?

社交不安障害(しゃこうふあんしょうがい)とは、別名「社交恐怖(Social phobia)」とも呼ばれ、 社交的な事(例えば「人との会話/人前での発表/パーティーに参加する/知らない人とご飯を食べる」など)が必要な状況下で「否定的な評価を受けたり」「他人に辱められる」といった「強い不快/不安」を感じる症状のことで、精神疾患の一つです。

【社交不安障害の症状】

人から注目される場合、誰でも不安を感じる事はありますね。

普段はそれを、「あがり症」と呼んだりしますが、通常であれば、それが原因で日常の生活に支障をきたすような事はありません。
これに対して「社交不安障害」は、対人場面で通常とは違う「過剰な不安や緊張」が起こり、

・動悸
・震え
・赤面
・発汗
・吐き気
・手足の震え
・胃のむかつき

といった身体的症状が現れます。

こういった身体的な症状が起こることから、社交不安障害の患者は、社交的な場面になかなか慣れる事ができず、苦手意識をもち、対人関係をうまく築く事ができなかったり、集団の中で孤立してしまいます。

そして、次第に、対人場面を避けるようになり、引きこもってしまったりするような、社会生活/日常生活に多大な悪影響を及ぼします。

症状が慢性化すると、「うつ病」「パニック障害」なども併発する危険性があるので、早期の治療が必要となります。

【社交不安障害患者が強い不安を感じる場面】

・見知らぬ人との会話
・人前での発言
・スピーチ・会社で電話をとる
・人前で文字を書く
・社会的立場が上の人との会話(面接など)
・人前でご飯を食べる
・会食やパーティに参加する

社交不安障害は、「シャイ/内気/恥ずかしがり」 などといった、内気な性格などといった問題とは別のもので、精神科などの医療機関での治療を必要とする、精神疾患だと言う事を念頭に、もしそういった場面での症状に心当たりのある方は、早めに医療機関での診察を受ける事をおすすめします。


About author

Related Articles