うつ病の治療の基本は休養と薬による治療

うつ病は治療をすれば必ず治る病気です。
うつ病の治療の基本は休養と薬になります。
うつ病の治療二関して は、うつ病治療を始めたからといって1日、2日ですぐに治るものではありません。うつ病が完全に治まるまで、皆、今日は何となく気分がよくなってきた、で も、翌日になったら悪化する、などといった、快方に向かう一進一退を繰り返し、徐々に良くなっていく、というのが普通なのです。

休養に関して
休 養というと、とても簡単なように思えます。要するに「休めばいい」という事なのですが、鬱になる人は性格的に義務感、正義感が強い方が多いため、「休むと 悪い、罪悪感がある」といったように、「休む」事を悪いものだと捉えてしまい、なかなか「休み」をとりたがらなかったり、休んでも、休みだからという理由 でこの際できなかった事をやろうというように、休みだからといって何かをしてしまったりする事もあります。
治療している方は、今、すべき事は休む事だということを第一に意識していく事が必要なのです。

薬の治療に関して
そもそも、うつ病の直接的な理由は脳のトラブルであるため、薬での治療がとても効果があります。
また、治療が長くなる事も覚悟し、薬とは長い付き合いとなる事は意識した方がいいのかもしれません。


About author