職場不適応症(しょくばふてきおうしょう)とは?

職場不適応症とは、自分の勤めている職場、又は心身の病気、疾患、自身の家庭問題などが原因となって、勤めている職場環境にうまく適応できな くなり、出社がつらくなる症状の事です。具体的には職場への欠勤、無断欠勤を重ね、会社へ通勤する事ができなるなる状態を職場不適応症と呼びます。

いわゆる小中高校などの学校で「登校拒否症」(学校の環境などが問題となり学校に通学する事ができなくなる)の「会社版」といえるでしょう。

この職場不適応症では、単純に職場への欠勤などにとどまらず、精神的な鬱のような症状なども発症することがあります。


Tagged with:

About author