職場不適応症になる原因

職場不適応症の大きな理由はだいたい3つに分けられるといわれています。

1、人間関係
2、過重労働
3、仕事への適正

の3つです。人間関係は職場の人間関係。過重労働は残業時間の多さ。多くの仕事量をこなしていることなどが身体的な疲労感などを生んだり、するため心身ともに疲れもえつきてしまうなどの症状があらわれます。
仕事への適性は自身の行っている仕事の好き嫌いや、持って生まれた能力によるものです。適正がないとなかなか自分の思ったように仕事が進められないなどのストレスにつながります。

さらに上にあげた3つの理由の中で職場不適応症の一番の原因になりやすいのが「人間関係」といわれています。
人事移動などによる人間関係の変化などがストレスなり職場不適応症になっていくのです。
それではこれらの原因をくわしくみていきましょう。


Tagged with:

About author

Related Articles