職場不適応症は適応障害の一種

職場不適応症は適応障害の一種といえます。
適応障害とは、生活上の患者が身をおいている環境にうまくなじめず、心身に病気の症状が現れるものです。
この障害の要因となるストレスが職場にある場合職場不適応症と呼ばれます。

頭痛、めまい、動悸など鬱に似た症状があらわれ、症状が長引く事が多いようです。


About author

Related Articles