職場不適応症の原因はパワーハラスメントなどから

職場不適応症の要因となる物に、パワーハラスメント(Power harassment)があります。

パワーハラスメント(Power harassment)とはなんでしょうか?
パワーハラスメントとは、社会的な権力地位を利用し、弱者に対して嫌がらせをおこなう、という意味で用いられる言葉である。
会社などでは、職権などの権力差、上司と部下の上下関係がなならず存在します。
これらの上下関係などを背景に、本来の会社での業務の範疇を超え、人格と尊厳を傷つける言動を行うこと、あるいは雇用不安を与える行為となります。

例として、ある特定の気に入らない部下を標的に、執拗に無理な要求をさせる(言葉や態度による暴力、罵倒や冷遇、退職勧奨や退職強要など)があげられ、それが原因で職場いじめに発展する場合もあるのです。
また軽度のものでは仕事外での飲み会などで、上司が部下にお酒を強要したりすることなども含まれます。

こうしった場合、被害者は、うつ病、PTSDといった精神疾患を発症、また職場不適応症などの適応障害を起こしたりする事になります。


About author