朝刊シンドロームとは?

朝刊シンドロームというものがあります。
職場不適応症の症状の中に、朝起きると体がダルく、職場にいくのがおっくうになるような症状があります。

このことを朝を中心に調子が悪くなり、毎日朝に新聞を読む週間だった几帳面なタイプの人が、読むのがつらくなり、新聞すら読みたくなくなることに例え朝刊シンドロームといいます。

こういった場合はうつ病になりかけている症状といえます。
朝刊シンドロームは、仕事をしている人間に現れる症状で一般的に認識されるようになってきたようです。そしてこれらの朝刊シンドロームの方は、職場にいくのがおっくうになるなどの職場不適応症などの症状があらわれます。


About author