PMS(月経前症候群)とは

PMS(月経前症候群)とは

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん「PMS:Premenstrual Syndrome」)とは、月経の1〜2週間位前から起こり月経開始とともになくなる、女性の周期性のある一連の身体的、および精神的症状のことで、身体的には頭痛、腹部の痛み、精神的には、鬱や躁状態などを引き起こす症状の事です。
特に、月経前の3~10日頃の時期に50~80%の女性に起こるといわれていますが、人によりけりで、PMSの症状がほとんどないという女性もいます。
年代としては20~30代の方に多くみられる症状です。

原因はまだはっきりとわかっているわけではありませんが、一説には、月経周期中に、エストロゲンとプロゲステロンの濃度が、急激に変化するためと考えられています。

【PMSの精神的な症状】
うつ状態
イライラする 怒りやすい
緊張する
判断力が低下する
記憶力が低下する
無気力
孤独感
疲れやすい
刺激に過敏になる
パニックになりやすい
妄想症
集中力低下、気力が続かない
涙もろい

【PMSの身体的症状】
頭痛
下腹痛
便秘、下痢など便による症状
乳房痛、乳房が張る
じんま疹などの皮膚症状
腰痛
関節痛
むくみ
体重増加
にきび
ほてり
めまい
動悸
過剰な睡眠欲
不眠

PMSの対処
まずはお医者さんに、相談するのが一番よい解決法です。

症状は個人によりかなり違いますので、お医者さんに見てもらい一番いい解決方法をさがしていきましょう。

ただし、軽度の方であれば、自分で行える対処する場合は、自分にあった対応してみるのも手です。
症状の緩和するために、例えば、むくみが酷い人の場合は、塩分の摂取を減らすことによって、体内に貯蔵された水分が減り、むくみが軽減されるなど、症状にあった緩和策を行ってみましょう。
また、全般的に、運動やストレス解消法などが有効となってきます。

ただし、症状が重い時は、お医者さんへ相談し、抗うつ薬などふくめて、症状にあった治療法をおこないましょう。

・ストレスや気分の浮き沈みが激しい場合
毎晩、規則正しい睡眠をとり、毎日規則正しい生活リズム/睡眠を習慣づけていると、気分の浮き沈み、疲れやすさの軽減につながります。
好きな音楽を聴く習慣をもったり、入浴、瞑想、でリラックスする、など自分のリラックスできる方法を試して、あったものを探してみましょう。
医師に相談の上サプリメントを試してみるなども、有効です。
PMS症状の治療例
鎮痛剤による治療
症状に関連するひどい痛み(腰痛や腹痛など)には、アスピリン、イブプロフェンなどの鎮痛剤、他の非ステロイド系抗炎症薬が処方などがあります。

ホルモン療法
ピルなどのホルモン避妊薬など

抗うつ剤
セロトニン剤など。
また、抗うつ剤の代わり、もしくは抗うつ剤との併用で、認知行動療法が行われる場合もあります。ほかに、ケースによっては、光線療法も効果を発揮します。


About author