演技性パーソナリティ障害とは

演技性パーソナリティ障害(HPD)(えんぎせいパーソナリティしょうがい、Histrionic personality disorder,)とは、演劇的、性的誘惑などの行動で、自分に注目を引こうとする行動をすることで、対人関係がうまくいかなくなるなどの、機能的な障害、症状のこと。

他人の関心や、注目を集めようとして、本来の自分とはちがう姿を演じ、自分を損なったり、まわりから信用をなくしてしまうなどの状態。
このパーソナリティ障害は、外見や性的魅力を自分の価値だと認識しそれをアピールしたりする行動などをとります。

演技性パーソナリティ障害の人は.うつや不安障害をかかえている人がおおく、精神的に脆い、傷つきやすいなどの面があります。

そのため、行動や表情などの、表面的には明るく魅力的に振る舞うのですが、突然、空虚感に襲われたり、不安でたまらなくなったりします。

虚言などの症状もあり、自分を実際以上に見せるという、本人の願望/希望にもとづき、嘘をはなしたりする事がある。

願望による、本人の妄想を、実際に合った事、事実であるかのように話したりする。

外見を良くするために化粧をするが、それと同じ感覚で外見を良くするために虚言を話す。

たとえば、自分が有名人の知り合いであるかのように自慢話をしたりする。実際にはこういった話を、周囲の正常な人間からは信用されず、周囲の人との関係が、うまくつくれないという場合が多い。

 


About author