自己実現の欲求不満はストレスになる

ストレスとは、人間の欲求が満足に満たされないときに起こります。
「欲求不満である」という状態は、控えめや滅私が美徳とされることが
ある日本人にとっては、「わがままである」と言われているような、
何かしら罪悪感を受けるときがありませんか?
落ち込みやすい人、色々と気に懸けて自由を感じられなくなる人、
抑うつ症状になりやすい性質の人には、この「欲求不満である」こと
を自覚したがらない、認めたがらない傾向があるようです。

それでは、人の欲求というのはどういう仕組みで起こるのでしょうか?
これには諸説あり、まだ正確なものとして定義づけられていません。
しかし、自己の欲求にはこんなものがある、と知ることは何かのヒント
になるかもしれません。
ここではまず、「マズローの欲求階層説」をご紹介しましょう。

アメリカの心理学者であるマズロー(Maslow,A.H.)は、欲求について
次のような理論を紹介しました。

人間は、無数の基本的欲求によって動機づけられている。
このような無数の欲求は、相対的優位の順に1つの階層を形づくって
おり、1つの欲求が満たされれば、他の高次の欲求へと段階的に変化
していく。無数の基本的欲求のなかから次の諸欲求に特に注目し、
5段階に分類した。

①.生理的欲求
人の肉体的欲求(空腹、渇き、性など)であり、5段階の なかで最も
強く、この欲求が満たされないかぎり他の欲求が強くなる ことはない。
生理的欲求がある程度満たされると次の段階の安全欲求が強くなる。

②.安全欲求
身体的な危険/脅威から身を守りたいという欲求。見慣れたものや
既知のものなど安心を求める欲求も含まれる。この欲求が満たされる
と、次の帰属欲求が表れる。

③.帰属欲求(所属と愛情)
集団への帰属と友情や愛情を求める欲求で、社会的欲求ともいう。
これが満たされると自尊欲求が出てくる。

④.自尊欲求:
自尊欲求には二つの側面がある。第一は自己に対する高い評価や
自尊心を持ちたいと思うこと、第二は他人から尊敬されたり認められ
たいと思うことである。

以上4つの欲求が満たされたとしても、人はなお自分にふさわしいと
思うことをしないかいぎり、不満や不安をもあつ。人が究極的に満足
を得るのは、自分が潜在的にもっている可能性を実現できたときで
ある。そこで5つ目の欲求である自己実現の欲求が表れる。

⑤.自己実現の欲求
自分の適正・能力を発揮したい、自分を成長させたいという欲求の
ことである。

以上の5段階に分類し、①が満たされると②が表れ、②が満たされる
と③、③が満たされると④→⑤、と順番に表れるのがマズローが唱えた
説です。

実際には、例えば食事も十分でなく、学校にも行けない貧困地域の人
が、空腹を満たしたいが、学校にも行きたいと思っていることがある
ので、このように順次で欲求が表れる説は十分な理論ではないと言わ
れています。
しかしながら、人間にはこのような種類の欲求があるものだと知ること
は、「欲求不満になる」「ストレスを感じる」ということは、誰にでも起こり
うるのだと思えてくるのではないでしょうか。


Tagged with:

About author