婦人病治療薬の副作用によるうつ症状

子宮内膜症や子宮筋腫、不妊症など婦人科系の病気は、近年女性に増えています。
原因は環境ホルモンや、出産の高齢化など諸説ありますがまだ限定されてはいません。
腫瘍が大きくなり腹膜炎に発達したり、重病の原因ともなりますので放っておくわけに
はいきません。
それらの治療を目的として、女性ホルモンの分泌を促したり、反対に止めたりという薬
を投与されることがあります。注射によって投与されることもあれば、飲み薬、点鼻薬で
処方されることもあります。これらは患部を治療するために必要な行為ではありますが、
一方で人工的にホルモンバランスを調整しているわけですから、バランスを崩す副作用
が表れる場合があります。その副作用のひとつに抑うつ症状が見受けられます。

【症状】薬を投与したのをきっかけに。
・イライラしやすくなる
・感情の起伏が激しくなり、ささいなことで怒ったり泣いたりする
・ほてりやのぼせ感がある
・倦怠感が続く
これらは、更年期障害と似た症状と言われています。

【治療】
薬を処方した婦人科医にご相談ください。
本来の治療目的があるため、すぐに投与を止めることができない
場合もあるかもしれません。しかし最近では、副作用の少ない薬や
投与期間や量の変更など婦人科医でも代案が準備されています。

投与期間を終了すれば、うつ症状もすぐに消えることが多く、この
場合明らかに副作用であるといえます。万が一、投薬を止めても
続く場合は、婦人科医または心療内科など専門医へご相談ください。
最近では、婦人科を併設している心療内科や精神科の個人医も
あるようです。そういったところを探すと、連携して診断をしてもら
えるのでよいかもしれません。


About author

Related Articles