更年期障害のうつ症状はホルモンバランスから

抑うつ症状を発する要因の中で、特に女性に多いものとして、更年期障害による
ホルモンバランスの崩れによってうつ症状が表れることがあります。

更年期障害でのうつ症状
まず、セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランス
を整える作用のある伝達物質です。そして女性ホルモンのエストロゲンとプロ
ゲステロンが、セロトニンの分泌に影響を及ぼすことが明らかになっています。
閉経時期において、このエストロゲンが減少します。それによってもうひとつの
女性ホルモンであるプロゲステロンとのバランスを崩し、セロトニンの分泌が
低下するため、自律神経が不安定な状態になり、抑うつ症状が現れます。

【症状】 閉経をきっかけにして発症。
・イライラしたり孤独感を感じる
・気分が落ち込んでくよくよする
・憂うつになり、何もしたくなくなる
・不眠や眠りが浅い

【治療】
軽いうつであれば、リラックスして毎日規則正しい生活を送ることで改善する
ことがありますが、つらいときには婦人科や心療内科へご相談ください。


About author

Related Articles