失語症(しつごしょう)とは?

失語症(しつごしょう)とは、耳や目などに障害はないにもかかわらず、言葉をはなせなかったりする症状の事で、例えば、脳出血、脳梗塞などの、脳の外傷に より、脳の言語機能を司る言語野が損傷されることにより、「読む」「書く」といった文字に関わる機能や、「聞く」「話す」といった音声に関わる機能が働か なくなった状態となる症状のことです。

1861年にフランスのブローカ医師は、喉や舌などに以上がなく、人の話もりかいできるに、言葉をしゃべれない人(声はだせるが言葉として成立しない)を診察した。
その人の死後に解体をおこなったところ脳の前頭葉下部に病変があったことからその辺りが言語の損失につながっているのではないかと推測されていた。

このように、脳の特定部位が損傷することにより、失語症が発生、その症候に強く関係することが分かっている。
これらの状況から、脳の損傷が起こると失語症を起こすような部位を、言語機能の中枢である言語野とみなすことができた。

失語症は統合失調症、うつ病、意識障害、認知症などと区別するために、下記の様な検査を行う事がある。

・失語症の患者は自分が診察を受けているということは理解している。
→認知症、意識障害などの患者は理解出来ない場合が多い。

・目の前の物を認識できるか、どのように使用されるかなど理解、使用できるか。
→意識障害、認知症では、目の前の物などがどのような物か理解できず、使用方法も示せない場合が多い。

いずれも、理解ははっきりしているが、言葉がしゃべれないだけという失語症の症例か、理解自体ができずしゃべれないのかを判別する方法である。


Tagged with:

About author