春に増えるうつ病

春先から春にかけて、うつ病が発生しやすいと聞いたことがありませんか。原因としてはさまざまな意見がありますが、特に日本の場合は、入学、入社、進級、 転居などの大きな変化は、”木の芽時”と言われる春に集中します。慣れ親しんだものとの別れが契機となり、悲哀感、絶望感、虚無感に苛まれることがありま す。これは「引越しうつ病」と分類されています。

「季節性気分障害」と分類されるものは、むしろ秋から冬、日照時間が短くなっていく時期に起こり、睡眠増加や過食、体重増加などの症状が出ます。
日本の場合、春の気候は次第に温暖化に向かい、日照時間は長くなっていきます。つまり、「春にはうつ病が増える」原因は、春という気候ではなく、むしろ習慣の変化をきっかけとしていることが多いと予想することができるでしょう。

こ ういった変化をきっかけにした分類の他には、長期の仕事が完了し、緊張のバランスが一時的に失われて起こる「荷下ろしうつ病」、大震災や迫害などによって 生活の基盤がなくなったことで起こる「根こぎうつ病」、打ち込んできた仕事などが不成功に終わるなどして、落胆し自己嫌悪に陥ることで起こる「燃え尽きう つ病」、などがあります。

いずれも「心の風邪」とも言われ、誰にでも起こり得ます。周囲の人や本人自身が「怠けている、しっかりしないと、頑張らないと」などと、励ましたり反省を促すことはまったく逆効果です。
十分な休養と薬物療法で治療が可能ですから、心療内科や精神科などへの相談をおすすめします。

ま た、もし自分が上司、教師、先輩、同僚として、誰かの抑うつ傾向を見つけたら、「怠けている」と決めつけないことはもちろんですが、「うつ病である」とも 決めつけず、まずは産業カウンセラー、心理カウンセラーなど、専門家への相談を促してあげるのもよいでしょう。いきなり「病院へ行きなさい」ということ も、抑うつ感を持つ本人にとってはつらいものです。まずは傾聴のスキルを持つ専門家に話を聞いてもらってから、専門病院へ誘導してもらうことができます。


Tagged with:

About author