ドーパミンと統合失調症

「ドーパミン」は睡眠や気分、単純運動の制御など、脳内での多様な機能に影響する神経伝達物質です。
このドーパミンに異常がでると、パーキンソン病や、統合失調症となります。

統合失調症では、脳の一部のドーパミンが過剰に活動することにより「妄想や幻覚障害」などの陽性症状が引き起こされるといわれています。

*上記の様に、ドーパミンが神経に作用するという事は、
ドーパミンを過剰に分泌させる「覚せい剤」によって、統合失調症がおこることや、
逆に、ドーパミンがその受容体と結合するのを防ぐ役割をしている物質が、精神治療薬として作用することなどから、推測されていることです。


About author