プレコックス感とは?精神病の症状

 「プレコックス感」とは、1940年代にオランダのリュムケという精神科医が提唱した概念で、統合失調症などの患者と相対した、面と向かった人におきる、言いようの無い、なんとなくいやーな感じの事を示す概念。
統合失調症などの患者が別の世界の人間のような、気持ちを通わす事ができないような拒絶感などの当惑した感じなどが、人と接していると感じる事ができずにこうした感情を抱くのだとされている

こららは統合失調症などに付随する現象を考える際に必要であると考え重要なものであるととらえていたが、重症度や経緯などによりかならずしもおこる物ではないとリュムケ自身が後年になり言及している


Tagged with:

About author