自己愛性パーソナリティーとは?

自己愛性パーソナリティーとは自己愛性人格障害(じこあいせいじんかくしょうがい)ともいいます
基本的には、ありのままの自分自身を認める事ができず、自分は優越的で素晴らしく、特別な存在でだと思い込む人格障害であるとされています。
過度に歪んだルールである内的規範が弱いケースであるため、精神病的に扱われる事もある。
この自己愛性人格障害はどちらかと言うと男性に多いとされています。

特徴としては下記のような特徴があります

•自分は”特別”であり一般の人間とは異なり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人たちにしか理解されない。または関係があるべきだ、とおもっている。
•人に過剰な賞賛を求める。自尊心を維持するために、絶えず周囲からの称賛・好意・特別扱いを得ようとしている。
•自分に対する特別有利な取り計らい、を理由無く期待している。
•自分自身の目的を達成するために他人を利用することがある(対人関係を不当に利用する)
•共感が欠如し、他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない。
•他人に嫉妬する。または他人が自分に嫉妬していると思い込む事が多い。 また、他者についての評価が理想化と軽蔑が混ざる事がおおい。
他者についても自分同様、長所と欠点を同時に認識してしまい、統合的な理解を持つことができない場合が多い。
•尊大で傲慢な行動をとる時がある。
•自分の重要性に対して誇大な感覚がある。
•限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛などにとらわれている。
•自尊心を保つため、虚栄感から安易に嘘をつくことが多い。
さらには本人には、言ったって真面目にいっていることが多く、嘘をついているという意識はない場合が多い。

内的には不安定な精神状態であるにもかかわらず、外見はむしろ正常で、周囲からは「頭がいい」「仕事ができる」「表現力がある」「人づきあいがうまい」などの人間としてみられることが多い。

自分について理想的で、過度に偉大な自己像(誇大的自己)を抱き、自分は他人より、優れた特別な能力を持っていると思い込んでおり、うぬぼれが強い。
自分の描く特別で偉大な自己像を現実化しようと、絶えず努力をし、次から次へと際限なく成功・権力・名声・富を追い求める。

ただし、実質的には常に深刻で不安定感、を抱いており、本質的には他者に依存的である。

妬み・羨望がとても強く、自分が持ちたい、成し遂げたいと思っているものを他人が持っている、成し遂げていると感じ、内心あるいは外見上その人に怒りや憎しみを持ったり、他人の失敗を喜ぶ傾向がある。
自己肯定感や自尊心が高まっている感覚を、一定の期間維持することができる。
しかし、誇大的な自己像が傷つけられるような体験をすると、一転して自分はだめだ、価値がない、無能だと感じる。自分についてもある一つの体験についても、よい面もあれば悪い面もあるといったとらえ方ができない。

自分に向けられた非難や批判に対し、怒りや憎しみを持つか、屈辱感や落胆を経験する。
これらの感情は必ずしも表面にあらわれず、内心そのように感じているということがしばしば。
自分に言い聞かせて自分を慰めることができず、誰か他の人に慰め、認めてもらわないと、自分を維持できない。

成功するパターンの自己愛性者は
否 定をされると受け入れられずに現実逃避し、嘘や詭弁で逃げようとする傾向がある。そのため失敗について本当に反省したり、そのときのつらさや痛みを認識す る能力に欠けている場合が多いが、しかし、ある程度の能力のある自己愛者は、ほめられ認めてもらうために、休むことなく努力し、誇大自己を満足させようと する傾向がある。とても大きな労力と努力をする作業であるが、社会的には成功する。

能力のないパターンの自己愛性者は
また能力がない(成功しないパターンの自己愛性パーソナリティー患者)自己愛者は、より退行した形で他者からの是認を求めようとする場合がある。


Tagged with:

About author

Related Articles