季節性うつ病、季節性情動障害などの原因と治療

季節性うつ病とは季節性情動障害(きせつせいじょうどうしょうがい)とは、何でしょうか?

季節性うつ病とは季節性情動障害は季節性気分障害、季節性感情障害などともいわれます。
英語ではSeasonal Affective Disorderと呼ばれ、この頭文字を取ってSADとよばれたりもしています。

ある特定の季節にのみ、体のだるさ、疲れやすさ、気分の落ち込みなど、うつ病に似た症状が出る、脳機能障害の一種です。

例えば冬季うつ病(Winter Depression)冬型のSADでは
一例ですが、例えば「冬型のSAD」とよばれるものは、10〜11月ごろに憂うつな気分が始まり、2〜3月ごろに治まるというサイクルを繰り返すとされています。
じっさいに冬になると倦怠感、気力の低下、過眠、過食による体重増加、などの症状が見られるといわれています。

そしてこれは季節性うつ病の特徴でもありますが、基本的に患者さんの多くは、冬以外の季節では健康な状態であることが多いのです。

また、夏型のSADでは、夏や梅雨の季節などに食欲低下(体重減少)、不眠などの症状が出ることが多い。
それ以外にも春先から春にかけての鬱な気分の発症は、日本では年度の変わり目になりますので「別れの季節」が原因なのではないかといわれています。

 季節性うつ病の原因は?
なぜ季節性うつ病が発症するのかのメカニズムはまだ解明されていないところも多いですが、次のような説があります。

たとえば、冬季うつ病(冬型のSAD)は、冬季を中心に発症し、しかも高緯度地域の人の発症率が比較的高いことから、太陽光などの日照時間が短くなることに原因があるのではないかと考えられています。

つまり

•人間の中で体内時計をつかさどるメラトニンが、日照時間が短くなるなどのことで、分泌のタイミングが遅れるまたは分泌が過剰となるなどの異常がおこるために体内時計が狂ってしまう。
メラトニンは夜に分泌されるとされており、冬型のSADではメラトニンの分泌が過多になるのではないかといわれています。

•光の刺激が減ることで神経伝達物質のセロトニンが減少し、脳の活動が低下してしまう。

などの事が、原因として推測されています

季節性うつ病の治療
冬型SAD(冬季うつ病)の治療には、高照度光療法(人口の光をあて、メラトニンの分泌を抑制する)、日光浴がなどが有効とされています。

また、薬品による治療も存在する。


About author

Related Articles